失敗した時、店長の彼から言われて前向きに慣れた言葉

一度好きになったら、相手のことをじっくりと考えてしまうことが多いです。
私はあまり異性にモテた経験はなかったのですが、バイト先の店長に一目惚れをしてしまったことがありました。
モテない私は、相手から告白されることなどありえないと思っていました。
店長と一緒に仕事ができる時間は、私にとっての幸せな時間でした。
イケメンのかっこいい店長に仕事を教えてもらっていると、ドキドキしてしまいました。
店長がいるだけで、仕事に行くことが楽しみになったのです。
仕事自体はとても平凡だったのですが、店長がいてくれたおかげで、仕事に行くことが楽しみになりました。

仕事が落ち着いてから、店長に呼び出されたことがありました。
怒られるかもしれないと思ってドキドキとしていたのですが、意外にも付き合って欲しいと告白をされたのです。
告白された経験は初めてだったので、とても嬉しかったことを覚えています。
私も店長のことが大好きだったので、すぐに付き合うことにしました。
店長と付き合い始めた後も、彼は私を一社員として扱ってくれました。
甘やかすこともなかったので、仕事がしやすかったです。

しかし、ある時仕事でミスをしてしまったのです。
単純な仕事でミスをするなんてありえないと思っていた私は、想像していたよりも落ち込んでしまいました。
失敗した経験が人生でもほとんどなかった私は、失敗した時に涙が止まりませんでした。
すぐにでも仕事をやめたいと思い、店長の彼に相談をしてみたのです。

店長は、泣き喚く私を落ち着かせてくれました。
店長が焦らずにゆっくりと話を聞いてくれたおかげで、私は涙を止めてじっくりと彼の話を聞くことができるようになったのです。
私の様子が落ち着いてから、彼が話をしてくれました。
話を聞いているうちに、彼も以前に仕事で大きな失敗をしたことがあることがわかりました。
彼の失敗談を聞いていると、私のミスはそんなに大したものではないと感じることができたのです。
それに、彼からの言葉がとても前向きだったので、すごく勇気をもらうことができました。
「失敗しても、反省して何度でもやり直せば、いつでも軌道修正ができる」と教えてくれたのです。
彼からの言葉は、忘れられません。
いつも苦しくなったら、いつもこの前向きな言葉を思い出すようにしています。
それ以来、私は精神的にも強くなることができました。
それに、仕事でのミスも減るようになったので、彼に感謝です。