なんで私なの!?店長が私を彼女として認めた理由

実は私、バイト先の店長と付き合っています。
私がバイトに入りたての頃は仕事が全然出来なくてしょっちゅう怒られてばかりでした。
他にも新人として一緒に働いている子もいたのですが、その子は仕事を覚えるのが早かったから余計に私が怒られやすかったんですね。
最初の頃は毎日のように怒られるもんだから、店長って私に対してだけ怖いしちょっとやだなって思っていました。

けどある時、仕事中にミスをしてしまってお客さんからクレームが来てしまったんです。
凄く怒られてしまって、最終的には店長が謝ってくれてそれで解決したようなものでしたが、元々バイトをした経験もあまりなかったので怖くてまたミスしたらどうしようって落ち込んでしまいました。

その様子をみた店長は休憩になっても落ち込んでいる私を見て頭を撫でてくれました。
あんなに怒られたら怖いよねって大丈夫だよって優しく慰めてくれて、そのまま泣いてしまいました。
凄く優しかったのを覚えています。
今考えると、しょっちゅう怒っていた彼ですが、それは意地悪じゃなくてちゃんとどこかに優しさがあったなって思ってそこから彼を見る私の目が変わりました。

それから仕事もどんどん覚えていき怒られなくなってきたのですが、今度は怒られないっていう環境もちょっと寂しくなってしまっていて、わざと怒られちゃおうかなって思ったりするときもありました。
そんな矢先、バイト先の備品を購入するために彼と二人で外へ買い出しに行く事になりました。
彼の車に乗り二人っきりの空間にドギマギしてしまいましたが、彼ご指名で私が買い物の相方に選ばれてしまって内心ラッキーでした。

車にのった瞬間に彼が口を開き「いつも仕事頑張ってるね。
俺はいつも見てるんだよ」って言ってくれました。
え?って思いましたが、その瞬間に見つめ合ってしまって凄くドキドキして私、彼の事が好きなんだって気づいたのです。
そして気づいた瞬間と同時に「付き合って欲しい」と言われました。
突然の事だったのでびっくりしましたが快く快諾しました。

どうやら、彼は私の事をいつも怒ってしまっていて申し訳ないなって思う事もしょっちゅうだったようです。
けど、怒られても怒られてもいつも笑顔の私を見てめげなくて打たれ強い子って思ったそうです。
普通あそこまで怒ってしまったら嫌になってバイトも辞めるだろうし、嫌な態度を取ってくる事だってあるのに私はそれが一切なかった。
それが私を彼女として認めてくれた理由という事らしいですが、いまだになんで私なの?って思う事もあります。
私の店長イケメンなんですもの。