バイトに手を出すな!?店長がマネージャーに目を付けられて

店長と付き合っていることはおおっぴらにしていないのですが、先日マネージャーにバイトに手を出すなと釘をさされているのを見かけてなんでバレたのだろうかと思ってしまいました。
隠しきれていると思っているのは本人たちだけで、周りからしたらバレバレだったかなと言う気持ちとどこにでも監視の目はあるものだという戦慄しました。

とはいっても実際に付き合っている男女というのは周りから見ればなんとなく分かるものですから、やはり何気ないところからバレてしまっていたのかなと考えつつも、自分の話のように思っているけれどももしかしたら、別のバイトの子に手を出していたのではという疑念もあっても別の意味で心配をすることになってしまいました。

イケメン店長ですから女性からはいくらでも好かれる要素があり、自分以外の別のバイトの子と仲良くなる機会があっても不思議ではありませんから、実は全然別のバイトの子をさしているのではと不安になってしまったのです。
店長はほぼ毎日出勤をしてたくさんのバイトの子と接しているわけで、自分の知らないところで手を出していたとしても気づかないということも十分にあります。

彼の性格を考えると絶対にないと言いたいところですが、競争相手が多いと本当にそのような考えで大丈夫なのかなと言う気もして不安になってしまいます。
実際には自分のことでもなければ、他のバイトの子の話でもなくイケメン店長ということが話題になったので、早い段階で手を出さないように牽制をしていたのかなと言う気もありますが、真相がはっきりしないだけにモヤモヤしたままです。

その話をしていた時にはちょうど上がりのタイミングでしたから、さり気なく声をかけて両者の反応を伺ってみたのですが、店長は普段通りでマネージャーも特別表情を変えたわけではなかったので、予防のための話だったのかなという気はしますが、やはり気になってしまいます。
人を好きになるには理由がいらないわけですから、仕事上の立場はどうでも良いと思うのですが、それは付き合っている側の理論であり、会社という組織を考えると調和を乱す存在なのかなと思うと歓迎されない恋愛なのかと少しがっかりしてしまいます。

それでも大好きな彼と付き合うことができているわけですから、とりあえず今のところは現状の関係を悪くならないように維持することに努め、トラブルに発展しないように誰にも迷惑をかける事なく付き合っていきたいです。

男のプライド!?店長が大人であることを改めて認識した瞬間

普段、バイト先の店長の彼と過ごしていても、年の差を感じることなく、楽しくすごしているせいか、店長が大人だということをすっかり忘れていたりします。
仕事で疲れているときは、年下の私に甘えてくることもあります。
見た目は格好いいのに、甘えてくるとすごく可愛く思います。
甘えてくると、私の母性本能がくすぐられるのか、もっと甘えてきてほしいと思います。
しかしそんな彼が、大人だと改めて実感することがありました。
それは、私が大学の友達関係に悩んでいたときでした。
今まで一緒にいたグループの子と、些細なことから喧嘩をして、グループの子たちともギクシャクするようになってしまいました。
彼といても何となく心が晴れず、友達のことを考えていました。
いつもは2人でいるときは、彼の方が甘えてくることも多くいのですが、私が落ち込んでいることを察してくれたのか、私をそっとハグをしてくれました。
そして、甘えてもいいんだよと言ってくれました。
私は、今まで胸につかえていた思いが溢れて、涙がポロポロと出てきてしまいました。
そして大学であった出来事や、友達関係で悩んでいることを話しました。
その間、彼は私を抱きしめながら、ただただ話しを聞いてくれました。
一通り話しを終えると、私も落ち着くことができました。
彼は私の話しを聞き終えると、友達と仲直りしたいことを素直に伝えればと言ってくれました。
友達とギクシャクしてくると、中々自分からは話しかけることができませんでした。
同世代の友達から同じことを言われても、自分のことじゃないからそんなことが言えるんだよと思うかもしれませんが、彼から言われると、何となくそうしてみようかなと勇気が出ました。
社会人で、自分とは人生経験の差があるのか、何となく言葉に説得力がありました。
しかも、働いているときや2人でいるときとは違う大人な一面を見ることができて、ますます好きになりました。
やっぱり大人で頼りになるんだなと実感をしました。
その後、大学の友達とは仲直りをすることができました。
お互い些細なすれ違いから、ギクシャクをしてしまいましたが、友達も仲直りをしたいと思っていたみたいです。
しかし私と同じで、自分からは話しかけることができず、モヤモヤしていたみたいです。
彼のアドバイス通り、勇気を持って自分から話しかけて良かったです。
彼はいざというときには、とても頼りになりますが、普段はやっぱり甘えてきます。
そんな甘えてくる彼も、大人な彼もどちらも私は好きです。

彼とケンカ…敬語での会話に距離を感じる

バイト先の店長である彼氏とは仕事中は当然ですが敬語で話し掛けます。
私たちが付き合っているということは自分たちからは特に誰にも話していないので、周りは一応知らないはずです。
ただ雰囲気で察している人もいるんだろうなとは思います。
正直付き合い始めてしばらくは敬語で話している方が自然な気がして、仕事中以外も私は何となく敬語で喋っていました。
でもそれだとなかなか店長とアルバイトという関係でしかない感じが強いと彼から言われ、少しずつタメ口で話すようになりました。
最近はそれにも慣れて来て、お互いの距離がぐんと近付いた気がして嬉しかったです。
ところがつい先日ちょっとしたことでケンカをしてしまい、未だにそれが尾を引いて敬語での会話に逆戻りになってしまったのです。
些細なケンカなら何回かしましたが、相手が大人なのでいつも折れてくれてすぐに仲直りしていました。
今回は私が悪いのは明らかでさっさと謝れば良かったのですが、彼に比べて子供っぽい私はつい拗ねてしまい謝るタイミングを失ってずるずるとギクシャクした関係を引きずってしまっています。
もうすっかり恋人同士として対等な口調で会話をしていたので、敬語での会話に距離を感じています。
バイト中は何事もないかのように接していますが、私にとってバイトの先輩である女性が彼に私よりも砕けた口調で話しかけている姿を見ると、何とも言えない複雑な気持ちになるのです。
きっとこれは嫉妬なんだろうなと思いますが、彼にこの気持ちを素直に伝える勇気もありません。
もしかしたら子供っぽ過ぎる私に愛想を尽かし別れ話をされるのではと怖い気持ちもあります。
こんなに好きなのに何であの時意地を張ってしまったのか本当に後悔しています。
彼はイケメン店長としてお客さんにも結構人気があり、彼を目当てに来店する人もいるほどです。
私も少し前までは同じ店内で働いてはいるものの同じような立場でした。
それがある日そんな憧れの人の彼女に自分がなれて夢のようでした。
にも関わらずつまらないことでその彼を失うかもしれないと考えるだけで泣きたくなります。
今日も仕事終わりに駅まで送ってくれましたが、一緒にごはんを食べに行くこともなく会話もほとんどありませんでした。
明日こそ素直になって自分が誰よりも彼のことを好きだということを伝え、ちゃんと謝ろうと思います。
今日まで感じている彼との距離が、少しでも以前のような距離に近付けるよう頑張りたいです。

ライバル多し!カップルであることを打ち明けられない辛さ

バイト先のイケメン店長が自分の彼氏なのですが、それを公然と打ち明けることができないだけに辛い思いをすることも多いです。
イケメン店長と噂されるだけあって、彼目当てでお店に来る人もいればバイトに来る人も多いのでライバルがたくさんいて何時彼を取られてしまうのか不安になってしまいます。
バイト中はもちろんですが、バイトが終わった後も周りの目を気にして隠れるように交際をしているので、もっとおおっぴらにカップルであることを打ち明けたいです。

打ち明けたいところではありますが、実際にそれをして良いことがあるかというと微妙なところであり、どう考えてもデメリットのほうが多く今の状態で密かに付き合っている方が二人のためになるわけですから、我慢をするしかないのかなと思っています。

ライバルが多く不安になってしまう一方で、自分は彼とカップルなんだと思うとそれだけ優越感に浸ることができますから、現状では付き合っているという事実が我慢をすることができる最大の理由になっています。
今のところはライバルが多くても取られてしまうというところまでは言っていませんから、平静を保っていられることができますが、強力なライバルがあらわれたら今のままでいられるか正直自信がありません。

カップルだと公言しているわけでもありませんから、彼のことをフリーだと思って近寄ってくる女の子がいるかもしれませんし、彼だってフリーだと言うことにして他の女の子の元に行ってしまうのではと思うと気がおかしくなってしまいそうです。
だからといって公言をしてしまえば店長という立場でありながら、バイトの小娘と付き合うとは何事かということになって会社から厳しいペナルティを受けかねませんし、自分も周りから嫉妬を買うだけですから良いことはありません。
なので、今のところはギリギリのところで我慢をして二人が付き合っていることを内緒にしていますが、いつか打ち明けることができて楽になれたら良いなと思っています。
イケメン店長が自分を選んでくれたというのは嬉しいのですが、人気者だけに常に誰かに取られてしまうのではないかと覚える日々は辛いです。
それだけに二人きりになることができたときの嬉しさと言ったらひとしおで、余計に彼のことが好きになってしまいます。
決して報われない、成就しない恋愛をしているわけではないのですが、色々と制約があるのもまた事実ですからもっと普通のカップルらしく人目を気にせずに付き合いたいですね。

せっかくの休みなのに…デート時間がなかなか合わないことの悩み

憧れていたバイト先の店長とついに付き合えることになって、どんな所に行こうかなとか、どんな物を一緒に食べに行こうかなとか、ワクワク感でいっぱいだった私…。
ずっと片思いだったので、付き合えてほんとに嬉しかったんです。
でもなかなか現実はうまくいかないことも多くて、彼の休みと私の休みがなかなか合わなくて、楽しみにしていたデートも付き合ってからまだ一回しか行ってない…。
すれ違いの日々です。
バイト先では付き合ってることは内緒にしてるから、シフトも合わせすぎるとまわりにバレちゃいそうで心配なので、出勤日、休みの日、どっちもなかなか合わないとほんとにさみしいです。
そういう時は一日一回まで電話OKって感じで、彼に電話しちゃいます。
でもあんまり長電話にならないように気をつけてます。
大学の試験とかレポート提出とかが迫ってるとますますすれ違いの日々です。
ほんとに時間が合わないんです。
でも、彼には、さみしいとか相談したいけど、嫌われたらどうしようとか、重い女だと思われたらどうしようとか考えると、全然気持ちを伝えられません。
彼は店長だし、きっと仕事の責任もたくさん背負ってるんだから、仕事の邪魔しちゃいけないなって思います。
同じ職場なだけに、彼の大変さも分かるので。
デートの日も、たまにですけど急に彼が呼び出されて出勤になっちゃう時はほんとに悲しいですけど…。
彼の前では平気なふりして理解のある女って感じでいるように気をつけてます。
でもでも、その分、会えた時はすごく嬉しいです。
前の日から嬉しくて楽しみで。
何か特別なことしなくても、一緒にいられるだけで幸せだなって思えるのも今のうちかも、なんて思います。
でもほんとはもっとデートしたい、もっと色んな話をしたいとか、やっぱり思っちゃうんですけど、私がまだまだ子供なので、彼の迷惑にならないように、彼をもっと応援できるようにもっと大人になってがんばろうって思います。
他の人に絶対取られたくないし。
まわりの友達とかと比べると全然会えてなくて、友達がうらやましいなって思うこともあるけど、私はほんとに好きな人の彼女になれたんで、我慢我慢です。
とりあえず、まずはしっかり大学卒業して、就職して、彼に私との将来も考えてもらえるように、自立しなきゃなって思います。
今のところ、私が彼に支えてもらってるばっかりなので。
次のデートの約束はいちおうしてあるので、それを楽しみに大学とバイトとがんばります。

彼女を傷つけるのは許さない!ますます彼が好きになっていく

バイト先に好きな人がいるというのは、ちょっとお得だなと感じています。
同じ時間を共有していくうちに、好きになってしまい店長が彼になりました。
仕事に打ち込まなくてはならないのですが、彼の事が気になって仕方ありません。
周囲にばれないようにと、アイコンタクトで気持ちを通わせています。
バイト仲間の中には、バイト終わりに一緒に飲みに行こうと誘ってくる人もいます。
強く言われると断れない性格で、そんな時は助けてくれます。
私の事を必死になって守ってくれているというのが十分に伝わってきます。
年上なので、とても頼りになりいろんな経験をしているので包容力もあるなと感じています。
悩みを打ち明けた時も、的確なアドバイスをしてくれて心強かったです。
私に悪い虫が付かないように守ってくれていて、たまに頭を撫でてくれるのがとても好きです。
ますます好きになった出来事は、元カレから連絡が来た時です。
やり直したいと言ってくる元カレに対して、正面からぶつかって私の事を守ってくれたのです。
元カレと二人で会って解決しようと思っていた私の変化に気がつき、彼も同席してくれたのです。
私の気持ちを、表情だけで読み取ってくれた事が嬉しくて仕方ありませんでした。
ますます好きになり、仕事中も目で追ってしまっている自分がいます。
こんなに大事にされたことがなかったので、守られている事に安心感があり自分らしく自然体で付き合っていられるというのが大きいなと感じています。
今までの交際は、自分を良く見せたいと思い無理をしていた部分がありました。
一緒にいても、息の詰まるような思いをしていたのです。
彼も、私と過ごす時間は自分らしくいられると話してくれています。
お互いに求めあって、出会うことができ運命を感じています。
バイトをしていなかったら、どこかで出会えただろうかと思ってしまいます。
優しく包み込んでくれるたくましい腕が大好きです。
中途半端な気持ちで仕事をしていると、しっかりと注意もしてくれるので信頼できるなと感じています。
真剣になって怒ってくれる相手も、今までで初めての経験です。
幸せをもらうだけでなく、これからは私の方が彼を幸せにしてあげたいという気持ちです。
私の笑顔が好きだと言ってくれるので、辛い時も笑顔で心を和ませてあげたいです。
たまにはケンカもありますが、年上だからか上手に私の事を包んでくれます。
これ以上好きになったら大変だなと感じる日々です。

バイト先でのいじめ被害…彼ファンの醜い女から受けた嫌がらせ

嫌がらせ

バイト先で、かなり酷い嫌がらせを受けています。
店長と付き合ったことがきっかけで、無視をされたり私物を隠されたりもしています。
そこまでするかとも思いましたが、彼を取られてしまったことが受け入れられないのだと感じています。
いじめを受けたことは今までなかったので、精神的にも参っているというのが実情です。
別れるという事は全く考えていませんが、バイト先に出掛ける際は体調が悪くなったりしています。
何でこんな思いをしなくてはならないのだろうと、自問自答する毎日です。
嫌がらせの事を、もちろん彼にも相談はしています。
店長と言う立場なので、問題にしたくないというのがあり強く言えない様子です。
いじめだと気がつかないくらい、はじめは小さな出来事でした。
おかしいなと感じ始めて、これは意図的に誰かがやっていると気がつきました。
好きな人と付き合う事ができ幸せなはずなのに、いじめを受ける事でどん底に落ちてしまう思いでした。
彼のファンだという女は、後からバイト先に入ってきた私に彼を取られてしまいショックを受けています。
告白をして断られた事もあり、彼は正直迷惑をしていると話しています。
仕事中のトラブルは我慢できますが、無言電話や休日に尾行するという行為は許せないです。
私たちの行動を把握して、常に見張られているように感じています。

アパートにまで来たことがある

アパートにまで来たことがあり、恐怖を味わったこともあります。
バイト先では、掃除を一人でやらされたこともあります。
断れない私に、無理難題を言ってきた事もあります。
飲みに行こうと仕事終わりに誘われたときは、少し仲良くなれるのかなと思ってしまいました。
全くそんなことはなく、知らない男性と飲まされて危うく危険な目にあう所でした。
女の事は全て、彼に打ち明けるようにしています。
そんな日々が続いたせいで、食事も喉を通らなくなり体調も崩してしまってバイトを休むことにしました。
他のバイト仲間にも陰口を吹き込み、悪い噂を流されてバイトに行くことが怖くなってしまったのです。
人から信頼されなくなるという事が一番怖いなと思っています。
嘘だとわかってくれるバイト仲間が数人いて、それが支えになりました。
いじめする側には絶対になりたくないです。
何だか、彼のファンの酷い女が哀れに思えてしまい仕方ありません。
いじめをした事を許すのはとても難しいですが、それほど彼を好きだったというのは理解してあげようかなと思っています。

彼は私のだから!女先輩に釘をさされてしまい凹んでます。

現在のバイト先を選んで本当に良かった

今までバイトはいくつか経験してきましたが、現在のバイト先を選んで本当に良かったと思っています。
何故ならば現在のバイト先で今までの人生の中で一番、と自信を持って言えるほど好きな人と出会えたからです。
相手の男性はバイト先の店長なのですが、初めて会った時から素敵な人だな、という印象を持ちました。
男らしい感じがするイケメンで背も高く、こんな男性と付き合える女性がいるのなら羨ましい、出来たらお付き合いしたいと思えるほどの人です。
それでも店長とは少し年も離れているし、容姿も人並な私が恋愛対象になることなどまず無いだろうと思っていました。
実際にバイトとはいえ仕事は忙しく、最初の頃は仕事内容を覚えるのに精いっぱいだったこともあり、店長と話す機会もろくに無いまま月日は経過して行ったのです。
そんな時、バイト仲間が怪我で急に入院することになり、より仕事が忙しくなりました。
連日バイトに入ることになり、残業も珍しくありません。
そうして残業の時は自然と店長と二人、という状況が増えていったのです。
これまで話もしたことが無かったので、正直に言うと嬉しいというより何を話そうかとか、どう話しかけていいのかとか、困惑の方が大きいものでした。
そんな私の雰囲気を察してか店長は気さくに話しかけてくれて、残業は思っていた以上に楽しい時間になりました。
しかも話していく内に二人の出身地がとても近いことが分かって話も更に弾みました。
自分で言うと自信過剰に思われるかもしれませんが、私たち二人は気が合うのではないかと密かに心の中で思うようになっていました。
それでも彼が自分の彼氏になるなどと思ったことはありませんでしたが、何回目かの残業の時に彼の方から交際を申し込まれたのです。
その時の驚きは今までの人生で最大と言えるものでしたが、嬉しさも人生で最大でした。
驚きと嬉しさのあまり、涙までこみ上げたほどです。
もちろん交際の申し込みは受け、周囲には秘密にして交際を続けていました。
交際を始めてからも彼は優しく、二人で話をしていると時間を忘れてしまうような楽しい時間を過ごしていました。
けれど交際し始めて二か月程経過した頃、バイトの女先輩に気になることを言われてしまいました。
それは「彼は私のものだから、あまり本気にならない方が良い」という内容のことでした。

驚きとショック

驚きとショックでその時は何も言い返すことも出来ずに終わってしまいました。
彼にもその女先輩とどういう関係なのか、怖くて聞くことが出来ずにいます。
私はただ彼に遊ばれているだけなのかと疑ってしまう気持ちまで芽生えてきますが、彼の事はとても大好きで失いたくありません。
私の事を好きだと言ってくれている彼を信じて、今はこのまま何も言わずに交際を続けていこうと思っています。

彼になってからが不安…。モテ男に群がる周囲を払い除けたい気持ち

晴れて!

私は彼と付き合う事ができるようになりました。
でも、彼氏と呼べる存在になった事に、私は、嬉しさと不安が入り交じった、複雑な気持ちを抱えていました。
もちろん嬉しさの方が勝っているのですが、何せ彼はイケメンなので、モテるのです。
女子達からは黄色い歓声が上がり、中には彼のファンもいる程です。
そんな彼と並んで歩いていると、なんだか自分が惨めな気持ちになるのです。
しかし、彼は私の彼氏です。
私たちは正真正銘、付き合っているのだから、堂々としていて良いはずなのです。
それができればこんな苦労はしないのにな・・・なんて考えてしまっている自分がいて、自己嫌悪に陥りそうになります。

誰にでも優しい

彼は店長という立場上、誰にでも優しく、親身になってバイトの子達を指導します。
それにいちいち嫉妬などしてはいけない事ぐらい、私にもわかっています。
頭ではわかっているのですが、どうも、心がそれに追いついて行かないのです。
そこが、女子として、彼女として、また、いちバイトの1人として、厄介な所だな、と自負しています。
優しい店長は、周囲の女の子にもとても気配りが上手なので、そこもモテる要因の一つなのですが、本人の自覚はあまりないようです。
困るんだけどな・・・と、私は密かに思ってしまっていました。
モテ男というのは、自覚がない人が殆どで、とても罪作りだな、なんて勝手に思ってしまっています。
自分の意識していない所で、女子達が騒ぎ立て、また、自分の行動のひとつひとつがとても色っぽく映っているなんて、当の本人には知る由もありません。
私は、それを伝えたいけれど、その衝動をぐっと抑えました。
それを言ってしまったら、彼との関係が崩れてしまう、それが何よりも怖かったのです。
かっこよくて、優しくて、大好きな店長と付き合えるようになっただけでも、あの店長の彼女になれただけでも、私は幸せ者です。
仕事以外の場所では、自分の「彼氏」なのですから。
好きなだけ独占できます。
それに比べ、周囲のバイトの子達は、仕事の上でだけの付き合いに過ぎません。
私は贅沢だな、という事は重々承知なのです。
でも、その意志に反して、「店長~」と甘い声で寄っていくバイトの女子を見ては、ジェラシーを感じ、不安な気持ちが拭いきれません。
こんな自分は嫌だな、と思っても、自分ではどうする事もできないのです。
モテ男が彼氏だという事は、こんなにも辛い事で、でも、それと同時にちょっとだけ優越感に浸れる、幸せな事なんだな、という気持ちを、初めて私は知りました。

職場恋愛!周りにバレると厄介な理由

職場恋愛

職場恋愛は、いつでも彼に会えて楽しい!そんなイメージを持つ方も多いと思います。
でも実際は、職場恋愛は意外と厄介だと言われます。
カップルだとバレるとなぜ厄介なのか、店長とお付き合いする中で実感することがよくあります。
どんなことが厄介なのか、実体験をもとにその理由を書いていきます。
まず一つは、職場恋愛は周りの同僚に気を使わせます。
例えば私の彼の場合、店長という立場柄、バイトを叱責したり、注意したりと、嫌われ役をしなければならない場面もあります。
いくらイケメン店長といえど、やはり叱られた側は面白くないので、バイト同士で愚痴ったりすることもあります。
私たちが付き合っていることは同僚のほとんどは知らないので、私も店長の愚痴を聞かされることもあります。

愚痴

そういう時、お付き合いを公開していたら、私に対して愚痴りにくくなってバイト同士多少距離ができたりするかもしれないと思うこともあります。
二つ目に、彼はイケメン店長なだけに、同僚にもお客様にも明らかにモテます。
バイトの中には、店長に恋してるなと思う子もいます。
隠していることで、裏切っているような後ろめたいような気持ちもありますが、僻みや妬みを抱かれる可能性もあるので、隠していた方が無難かなと感じています。
贔屓していなくても、贔屓しているように見られることもありそうです。
彼も、立場上隠し通す方が良いと考えているようです。
三つ目に、別れた時にお互いも周りも気まずいということです。
もちろん今の段階では別れることは考えていないし、考えたくもないです。
でも、恋愛に不変なことはなかなかないと思うので、別れた時に周りに気を遣わせたり、そのことでどちらかが仕事を辞めなければならなくなったりしないようにしたいと考えています。
店長と付き合う限り、仕事上の迷惑はかけたくないという意識は常にあります。
四つ目に、自分達の仕事に対するモチベーションを維持するために公開しないと決めています。
周りに言ってしまうと、どうしてもお互い緊張感がなくなり、仕事中でも恋愛モードになってしまいそうな気がします。
仕事は仕事、恋愛は恋愛と、割り切って考えることで、楽しくお仕事したり、恋愛したりできています。
仕事中、偶然店長と二人になったり、距離が近かったり、カッコいい場面を見たりすると内心ときめいていますが、できるだけ仕事中は、表面上は平静を装うようにしています。
このように意外と職場恋愛は気を使います。
メリット、デメリットはありますが、常に一緒にいられるのはやっぱり楽しいです。