仕事後、彼の自宅に!料理上手な彼の家庭料理

最近のある出来事のお蔭で、今は毎日がとても楽しく幸せで、今までになく充実しているように感じています。
こんなにも幸せで良いのだろうかと、疑問に思うこともあるくらいです。
一体何があったのかというと、とても素敵な彼が出来たのです。
自分で言うのもなんですが見た目は男らしいタイプのイケメンで、平凡な容姿の私にはもったいないくらいの人だと思います。
彼と知り合ったのは、たまたま選んだバイト先です。
彼はそのバイト先の店長で、バイトを始めた頃はまさか彼と恋人同士になるなんて想像も出来ない事でした。
それだけに未だに今の状況が信じられませんが、だからこそ幸せでたまりません。
彼はいくつも年上ということもあって、とても優しいですし、私よりはるかに人生経験も豊富なので話しをしていても楽しく、勉強になることも数多くあります。
悩みがあると真剣に相談に乗ってくれるのもとても嬉しく、頼もしく感じます。
そんな彼ですのでもちろん不満などありませんが、一つだけあるとしたらバイト先では絶対に交際は秘密なので、あまり堂々と二人で出歩けないことです。
いつ誰に見られるかも分かりませんので、二人でいるときは細心の注意が必要になってきます。
そこで自然と二人で会う場所は、彼の自宅であることが多くなっています。
バイトが終わってから私が彼の自宅に向かうこともありますし、彼が帰ってくるのを彼の自宅で待っていることもあります。
そこで驚いたことがあります。
彼が想像以上に料理上手だったのです。
一人暮らしが長い彼なので、自炊はそこそこ出来るのだろうとは思っていましたが、世間の主婦よりも上手なのではないかと思います。
特におふくろの味と言われるような家庭料理が美味しいので驚くばかりです。
彼が仕事から帰ってくるのを待っている時くらい、私の手料理でもてなしたいと思うのですが、彼の料理が私の料理よりはるかに美味しいので、作るのも気が引けてしまいます。
そこで彼の料理の上手さを知ってから、私も料理を勉強するようになりました。
それまで私も料理が好きで結構自信があったのですが、彼の料理はその上を行くものだったので、せめて彼と同じくらいには料理が上手になって、私の手料理で喜んで貰うことを目標にしています。
彼の自宅デートも、毎回こうしてお互いの料理の批評をしたり、作り方を教え合ったりして、外食には無い楽しさがあります。
外で会えないことが不満と言いつつ、結局彼の自宅デートも最高に楽しいものです。