子供扱いしないで!大人の女性として見てもらえない悲しさ

「びっくりした、年齢よりもお若いですね」。
お世辞であれ本音であれ、年齢よりも若い外見の人に対して使われる台詞を聞くと私は付き合っていた店長と出会った時を思い出します。

店長と出会ったのはもちろん、バイト先です。
元々知っている店で、しかも店長はイケメンだったので耳にしていました。
私もそこそこ利用していましたが、ちゃんと店長と声を交わしたのは面接の時です。

今思い出しても居心地の悪さが思い出されます。
その時の私は私服、しかも良く言えばカジュアル、悪く言えばラフな格好だったからです。
私はあんまりファッションの事は気にしない女でしたが、制服をばっちり着こなしているイケメンの前にしたとたん、急に恥ずかしくなりました。

そんな私に店長はニコニコ笑いかけながら「緊張しなくていいよ」と言ってくれた時の内心はもう複雑でした。
嬉しいような、ますます恥ずかしくなったような気持ちに顔が火照るのを自覚しつつ、「よろしくお願いします」と頭を下げたものです。
それを見た店長は「うん、若いのに立派だね」と言ってくれましたが、そのあたりで「あれ」と思いました。

何というか、自分の年齢にふさわしくない声の調子だったんです。
「よしよし」と子供扱いされているような気分に急に頭が冷静になりました。
そのタイミングで店長は私の履歴書に目を通して一言。
「え、嘘、高校生1年生だと思った!?」。

ガーン。
まさにその擬音語が頭に響き、店長の言葉が心に刺さりました。
そりゃ大人の女性にふさわしくないファッションをしていますとも。
でもまさか高校1年生に間違えられるとは思いませんでした。

あまりにも若く受け止められると人間、ショックを受けます。
本当です。

店長はあわてて「ごめん」と謝ってくれましたが、ショックのせいで頭に入ってきませんでした。
その後気を取り直して面接が始まりましたが、面接の緊張は消え失せたうえに面接の受け答えはまとまりません。
私は「終わったな」と諦めて帰り道を歩いていきました。

しかしまさかバイトの面接が合格し、しかもその店長と付き合う事になったのだから人生って分かりません。
あの人と付き合って私は恋愛を体感し、それを一端とはいえ学ぶことが出来たのは良かったと考えています。
でも出会った時の出来事を事あるごとに他人に暴露する思い出も付きまとうので大変です。

確かに私も悪いですが、子供扱いしないでほしかったです。
おのれ店長、覚えてなさい。

仕事後、彼の自宅に!料理上手な彼の家庭料理

最近のある出来事のお蔭で、今は毎日がとても楽しく幸せで、今までになく充実しているように感じています。
こんなにも幸せで良いのだろうかと、疑問に思うこともあるくらいです。
一体何があったのかというと、とても素敵な彼が出来たのです。
自分で言うのもなんですが見た目は男らしいタイプのイケメンで、平凡な容姿の私にはもったいないくらいの人だと思います。
彼と知り合ったのは、たまたま選んだバイト先です。
彼はそのバイト先の店長で、バイトを始めた頃はまさか彼と恋人同士になるなんて想像も出来ない事でした。
それだけに未だに今の状況が信じられませんが、だからこそ幸せでたまりません。
彼はいくつも年上ということもあって、とても優しいですし、私よりはるかに人生経験も豊富なので話しをしていても楽しく、勉強になることも数多くあります。
悩みがあると真剣に相談に乗ってくれるのもとても嬉しく、頼もしく感じます。
そんな彼ですのでもちろん不満などありませんが、一つだけあるとしたらバイト先では絶対に交際は秘密なので、あまり堂々と二人で出歩けないことです。
いつ誰に見られるかも分かりませんので、二人でいるときは細心の注意が必要になってきます。
そこで自然と二人で会う場所は、彼の自宅であることが多くなっています。
バイトが終わってから私が彼の自宅に向かうこともありますし、彼が帰ってくるのを彼の自宅で待っていることもあります。
そこで驚いたことがあります。
彼が想像以上に料理上手だったのです。
一人暮らしが長い彼なので、自炊はそこそこ出来るのだろうとは思っていましたが、世間の主婦よりも上手なのではないかと思います。
特におふくろの味と言われるような家庭料理が美味しいので驚くばかりです。
彼が仕事から帰ってくるのを待っている時くらい、私の手料理でもてなしたいと思うのですが、彼の料理が私の料理よりはるかに美味しいので、作るのも気が引けてしまいます。
そこで彼の料理の上手さを知ってから、私も料理を勉強するようになりました。
それまで私も料理が好きで結構自信があったのですが、彼の料理はその上を行くものだったので、せめて彼と同じくらいには料理が上手になって、私の手料理で喜んで貰うことを目標にしています。
彼の自宅デートも、毎回こうしてお互いの料理の批評をしたり、作り方を教え合ったりして、外食には無い楽しさがあります。
外で会えないことが不満と言いつつ、結局彼の自宅デートも最高に楽しいものです。

働きすぎの彼が心配…彼女としてできること

年上の彼氏が役職のある仕事をしていると、心配なのが長時間勤務です。
責任感があるからこそ仕方がないことなのだと分かっていても、同じ人間なので働きすぎではないかと心配してしまうものです。
だからと言って無関係な自分が仕事を手伝うことができるわけでもありません。
少しでも彼のために何かしたい、そんな気持ちを持った私が実際に彼のためにやったことは本当に些細なものでした。
まず行ったのはお弁当作りです。
夜型の彼なので日中は寝ているためお弁当とは言っても昼間に食べるわけではないのですが、出勤前に元気をつけてもらおうと毎日お弁当作りをしました。
最初は遠慮されていたのですが「早起きして作っているわけじゃないから大丈夫」と言うと素直に食べてくれるようになりました。
今ではそれがすっかり習慣化し、お弁当がない日には落ち込んでしまうほどに私のお弁当を楽しみにしてくれています。
次に自宅でデートの演出をするということです。
恋人同士なのですからやはりデートに出かけたいと思うのですが、忙しい彼にそんなわがままを言う勇気がなかった私は、自宅デートで変化をつける努力をしました。
例えばクリスマスにイルミネーションを見に出かけることができなかったとしても、いつもよりも豪華な料理を作って2人で食事を楽しんだり、部屋の中をイルミネーションでいっぱいにしました。
また彼の誕生日には大きなケーキを作ってパーティーをしたり、ハロウィンには仮装をしてたくさんのかぼちゃ料理を作りました。
外に出かけているわけではありませんが、自宅デートでも工夫次第で楽しむことができるというのを実証したように思います。
そして最後に行ったのが「労わる」ということです。
仕事に行く前には必ず「いってらっしゃい」と言い、帰ってくるのは朝方なので「おかえり」と言ってあげることはできませんが、私が起きたころにお風呂に入っていたり部屋でくつろいでいたりすることがあるのでその際には軽くマッサージをしてあげるなどとにかく仕事を頑張っている彼に何か声をかけてあげたり労をねぎらってあげたりするようにしました。
私が社会人であればマッサージグッズを買ってあげたり、豪華な食事を作ってあげたりできたのかもしれませんが、まだ学生という身分の私にはこれが精一杯の努力でした。
しかしそんな私に対して彼はいつも「ありがとう」と笑顔でこたえてくれるので、きっと間違いではないのだと信じています。